pakioのラーメン日記

ほとんど、「ラーメンを食べたよっ」て日記です。駄舌です。

2011/06/29 ShiNaChiKu亭@反町(塩味ら~めん)

やっちまったな。二日酔いだ。
浴びるように紹興酒を飲んだような気がするな。記憶ないけどw

濃厚なヤツは無理だ。
あっさり系のラーメンでしょ。今日は汁も欲しい。
滝汗かいて、汗と一緒にアルコール絞り出すべ。

IMG_3236
反町にある「ShiNaChiKu亭」さんにお邪魔ンボウ~。

IMG_3237
今の限定は「塩冷し麺」だって。まあ、この季節だから冷やしだよね。
しかも、今日はメッチャ暑い! おいっ、暑いぞっ!! って誰に言えば良いんだべ。
でも、これは食べないじょ。滝汗かくのが目的なんだから。

IMG_3232
通常メニューね。何度も来てるくせに、「塩らーめん」でなく「塩味(しおみ)らーめん」だって今日知ったよ。
でも、「塩らーめん」で注文通った。まあ、当たり前ですが・・・

IMG_3233
「塩味ら~めん」相変わらず美しい。
葱は刻みです。

IMG_3235
まさに黄金の塩スープ。ここも、神奈川端麗系を代表する一店でしょうね。
滋味深い味で、美味しいわ~。

IMG_3234
麺は細麺だけど、しっかりした腰を持ってて、ナイスです。
以前は麺が柔らかく感じたこともあったけど、今日はシャッキリしてた。
店主さん、ちょっと照英に雰囲気が似てるかもな(笑)

いや~、美味しかった。
ごちそうさま!!

IMG_3231
夏麺スタンプラリー、ようやく半分貯まった。
さて、折り返すよー。

2011/06/28 北の箸 無炉爛@田町(室蘭カレーラーメン)

居酒屋の昼営業で出すラーメンには、そんなに興味は無いんだけれど
室蘭って言われると、「ん?」となるのよね。
父の実家が室蘭だったからさ、爺ちゃん、婆ちゃんに会いに良く行ったもの。
海なんてさ、子供の膝くらいの深さのところで、岩の下に手を突っ込むと、馬糞ウニが取れたさ。


でも、「室蘭カレーラーメン」なんて知らんぞ。
祖父母が亡くなって、30年。その間にできてきたものか?

とはいえ、かなり前に赤坂見附あたりで、室蘭ラーメンという話題があったな。
結局行かずじまいだったので、カレーかどうかはわからないや。

まあ、ラーメン史の研究にはあまり興味ない、ただ食べ散らかすだけのオヤジなんで
とりあえず食ってみることにすべ。

IMG_3214
「 北の箸 無炉爛」。慶応仲通のわき道にあります。
暖簾の柄が、アイヌちっくだね。

IMG_3228
「室蘭カレーラーメン」を大々的に掲示。アーンド、カレーラーメンの歌をガンガンかけてます。

IMG_3229
実は、このカレーラーメンランチは7月1日で終わり。
そんなアナウンスが、お店のアカウントからツイートされていたもんで、慌てて来た次第。

IMG_3215
メニューはこれだけ。当然ライスもいただきます。
最近少し胃が大きくなってきたかもだなー。。。

IMG_3216
トッピングはチーズを選択。カレーにチーズは合う、うん間違いない。

IMG_3217
「室蘭カレーラーメン+チーズトッピ、ライス付」
良い感じですね。

IMG_3218
チーズ。早く溶けちゃって下さいよ~。

IMG_3219
スープは若干とろみをつけてある、カレー。
スープカレーほど、しゃばしゃばでは無いです。
辛さは調節できると良いのにな。も少し増したいぞ。

IMG_3222
麺は縮れた細麺。札幌のなんかより細い。
熱々のスープが絡んできて、アヂヂ、、歯茎の裏、皮向けたw
お爺ちゃん、お婆ちゃん。孫はこんなに大きくなりました。
もうすっかり、ズルムケです。

IMG_3224
およっ、う~~ん。。。肉団子みたいのがあると思ったら、麺が思い切り団子になっとる。
しかも、この団子が2個もあった。当然団子の中心部分は、生煮え。
どないなっとんねん。
ラーメン舐めてるとしか言いようが無い。(`A´)

IMG_3226
ご飯には、ラーメンの具も載せて、溶けたチーズも載せて、そこそこの見た目に。
これは旨い。ご飯は団子になってないから不満なし。

IMG_3227
プハァ~~。おいしかった。
せっかく美味しいんだから、ラーメンともキッチリ向き合って欲しかったな。
麺を舐めたら、いかんぜよ、舐めたらぁ。

ごちそうさまでした!!

MY箸使ったら「MY箸ありがとうございます」って言ってもらえた。
これが、食べに行ったのがオサレなイケメンだった時はバッジをもらえたそう。
あ~、イケメンに生まれたかった。

2011/06/27 パパパパパイン@西荻窪(パイナップル塩つけ麺)

23年振りくらいに会った方に、「だいぶ大きくなったんじゃない?」と言われてしまった。。。
「よし、絶食だ!」と思ったのに、回りには誘惑が多すぎる。
なんで、おでぃたんの気を引くようなお店を開店するのw

パパパパ、パパイヤ鈴木、30kg減量しても、80kg。

パパパパパイナップルは何?
少なくても、おやじダンサーでないことは想像が付くが。。。

画像 001
画像 002
「パパパパパイン」。昨日(6月26日)西荻窪にオープンしたお店。
ラーメン屋さんでした。
可愛い店名だけど、ラーメン屋さんとしては、ちょっと怖い。
でも、怖いもの見たさって止められない。
行くんじゃない!って言われても、気づくと行ってしまうのよ。腰が引けてるくせにw

画像 003
おっ、開店したばかりだけど、つけ麺もあるんだ。
パイナップルから想像するに、甘みと酸味がありそう。
それって、ラーメンには欲しくないけど、つけ麺には当たり前。
そもそも、つけ麺ってラーメンのスープを濃い目に作って、砂糖と酢と唐辛子をぶち込んだものだったと思うしね。
通常の米酢や穀物酢の代わりに、フルーツ酢を用意しているお店もあって、旨いの経験済みだし。

画像 004
で、「パイナップル塩つけめん」をゲット。
つけにしたことで、かなり安心感が出てきたじょ。

画像 005
卓上には、パイナップルをかたどった容器達。
ちょいと、何が入っているのか分かりづらいかな。
胡椒と一味のようだったけど。

画像 006
恐々待ってたら、登場~。

画像 007
おお、細麺だ。ほ・細つけ麺は、だ・大好きなんだなー。
ふ・太けりゃ偉いってもんじゃ、な・ないんだなー。

画像 008
つけ汁は、思ったより透明度が高いのね。
表面はかなり油が浮いている感じ。
飲むと、ん?意外と普通。そんなに甘くない。酸味も弱いし。なーんだ、恐れることないや。
同じく、フルーツを使った「トロフルつけ麺@KINGKONG」なんかより、ずっと普通。
むしろ、糸唐辛子でピリッとする感覚が印象に残る。
それにしても油っぽい。

画像 010
具にもパイナップル。特に好きな人でなければ、不要かもw
おでぃたん自身、酢豚にパイナップル入れて欲しくない方だもん。

画像 011
チャーシューが、ぶ厚いのは、嬉しいっす!

画像 009
麺は細いけど、頼りないことは全然なくて、好みだなー。
細くても、仕事はしっかりするさ。月1回のお務めは果たすさぁ~。
美味しい、美味しい (^^) でも油っぽいw

スープ割りがあるか否かは聞かなかった。
この油を飲む気がしなかったんで。減量したい今日この頃だしw

ごちそうさまでした!!

「ラーメンも食べてみて下さい」とのことだったけど、もうちょい口コミを見てからかな。

プロフィール

pakio

ラーメン大好きなオヤジ。
長いこと、ゆるゆると食べ歩いてます。
小食です。
ツイッタ-もやってます。
よろしければ、フォローミー。
あっ、バイクも好きです。

記事検索
最新コメント
ラーブロ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ