pakioのラーメン日記

ほとんど、「ラーメンを食べたよっ」て日記です。駄舌です。

2011/01/22 jun-pey@成瀬(J-Low麺)

今日は晴天。
家族でお出かけの用もなし。
寒くてほったらかしのバイクに乗るべしか。
でも、寒いけんね、長距離はダメよ。
そんで、寒いけん、途中で温かいラーメン食べんといかんよ。

アンダーウェアを重ね着し、相模原方面へ向かった。

IMG_1527
jun-pey」です。最寄り駅は成瀬だと思うけど、ちょっと遠い。成瀬台のあたり。
格好良い店構えっすな。メタルだね。
ラーメンの幟が似つかわしくないけれど、これないとBarにしか見えない。
似つかわしくなかろうと、必須なのは想像できる。

IMG_1529
おっ、これこれ「J-Low麺」。これが本日のお目当てのラーメン。
実は店主さんに「うちのギャグメニューのJ-LOWを是非」ってツイッタでお薦めされて
一気に食べたくなったわけで。J-Low、、、J郎ってこと?
モヤシ、ニンニクなどの増しができるんで、ニンニク多めにしてもらった。
せっかくの休日、しかも人と会う予定はないんだしさ。

IMG_1520
J-Low麺の登場。店主さんも「全然違うって言われるんです」と言ってたけど、ちょっと違う。
って私は生涯3回しか二郎に行ったことのない男なんだけどね。
肉がチャーシューだったり、キャベツが多めだったり、量が普通だったり。
でも、それって自分には歓迎! 本家は苦手なんだもん。生涯3回なんだもん。

IMG_1521
スープは白濁していて、醤油の味がちゃんと「二郎っぽい」と思われるもの。
背脂も入ってます。いわゆる乳化まではしていない、ライトな部類かな。

IMG_1522
麺は太麺。でも、そんなに「ワシワシ」してはいないので、食べやすい。
自分には丁度良いっす。

IMG_1524
チャーシューは、結構厚みのあるもので、食べ応え有り。
二郎風なら、一味唐辛子を入れたかったな。卓上になかったけど、言えばあったのかも。しまった。

IMG_1526
丼の内側にはお店のHPのURLも。今風って言うんですかね~。メタルですね~。

この手のラーメン、実は結構好き。
以前、花月でやってた二郎風も、美味しいと思った。
ジロリアンには「アホカ」と思われるんだろうけど、本物をずっとライトにした二郎風の方が
本家のガッツリより、食べやすくて、量も適切で。。。

淳平さん、ごちそうさまでした!!

2011/01/21 玉 赤備@川崎(つけめん)

「金玉満堂」という言葉が中国にあるよね。
これ日本だと、「えっ!」、せめて一文字は伏せ字にせーよ「金○」とかぁ~w
って言われそうだけど、「金玉=お金」です。
つまり、お金に満たされているってこと。

「玉」って文字も「たま」って読むと、おや?っと思うけど、「ぎょく」と読むとちゃんと別な物に見えてくる。

IMG_1503
本日OPENのここ「玉 赤備(あかぞなえ)」にやってきました。
川崎の銀柳街にあります。
おっ、一番正面に近いところに「我竜」さんからの花がありますな。
思わず「赤備」を調べましたが、どうやら赤褌の兵隊のことのようです。
裸ですから、ちょっとしたことで怪我をする。なので真剣に臨む。
また、相手も自分を鎧などで守ろうとしないその意気に、怯える。
そういう効果を狙って、そういう(褌一丁)格好で戦ったとか。
この店の意気込みを表しているのでしょうかね。

昨日、北島秀一さんがツイッターで「試食会に来ました。後でらーナビ速報にあげます」ってポスト
してたんで、事前に速報を見て予習してきた。大正解だった。

券売機で「つけめん」を選ぶと、次にオプションの選択画面が表示されたのだが、結構難しい部分があった。
まずは「麺量」の選択。(並)と(中)が選べたようだが、一瞬悩んだ。
そう、グラム表示がないんだもの。並と一口に言っても、150g~350gくらいの幅があるんでない?店によって。
苦しい思いはしたくないので、(並)にした。

次は麺の温度。温、普通、冷の3種類。だいたい2種類だから、ちょっと多いね3種類は。
たぶん、「普通」が他店の「冷」なんかなと思い、「普通」にした。

次にソースを選ぶ。これはマジに予習をしてなかったら、券売機前で石になるところだったw
つけめん頼んで「ソース」って言われてもね~。
まあ、味変アイテムでした。「玉ソース」と「柚子ソース」から選ぶ。
玉ソースが魚の餡のようだったので(予習の結果)それにした。

IMG_1505
卓上には「魚粉」「おろしニンニク」「酢」「一味」「胡椒」

IMG_1504
お酒もあるんだね。でも、つまみは多くはないな。チャーカツ皿でビール1杯ってところかね。

IMG_1506
つけめん(並)。

IMG_1510
太麺。でも、玉のような極太ではない感じ。噛み心地も良くて、良い麺ですわ。

IMG_1511
スープは白湯系かな。豚骨と鶏のブレンドかしら。
姉妹店の三三七は鶏だったんで、少し違いを出している。

IMG_1512
「玉ソース」舐めてみると、たしかにカツオの味がちょっとする。
それだけじゃないな。でも、分からないや。

IMG_1514
とりあえず、麺をドップリ浸けていただきましゅ。
うん、うみゃーでかんわ。
塩分が控えめなので、ドップリ浸けられる。こうあって欲しいのよ。
しょっぱいと、麺の先っちょしかつけらんないっしょ。あれ、もったないよね。
「いーじゃん、いーじゃん、先っちょだけだってば~」なんて言うのは、青春の時だけで良いのらよ。
とにかく動物系の旨みがいっぱいだよ。

IMG_1515
ソース入れても、おでぃたんのバカ舌には変化が小さく感じられ、、、魚粉も投入。
さすがに効くじゃん。魚ダシはこいつに任せて、ソースは「柚子」を選ぶのが最善かも!

IMG_1516
麺を最後まで食べると、日本地図。これを入れた意味合いを聞いてみたい気はするね。

IMG_1517
あっ、丼かわいいんで撮ってしまった。大きな波に「玉」の文字。
「たま」じゃないよ「ぎょく」だよ。

つけめん、マジ旨かった。麺もスープもケチをつけるところは無いかな。

[最後に]
チャーカツ頼んで、出てこなかった人が、その旨を店主らしき人に伝えていたんだけど、対応に首を傾げた。
100%自分達の落ち度だと思うんだが、丁寧な対応って感じがしなかった。
そんで、自分も食べ終わったんで、カウンター下の棚に押し込んでいた、コートを取り出してビックリ。
真っ白じゃ、ないっすか!!
おがくずですか?
しょうがないから、取れるまで「パンパン」払ったよ。
でも、店の誰も「もしかして汚れましたか?」とか言わないし。
こういうところに現れるね、お店の客に対する姿勢が。
「おもてなしの心」、これが無いから棚は拭かれていないんじゃない?
それがないから、困った様子見てもシカトなんじゃない?
券売機前で悩んでいる人に、助け船出そうともしないしね。

そいつが無いから、「チャーカツもういいや、返金して」と客に言われて露骨に、しかめっ面
しちゃうんじゃないの?そして、「申し訳ありませんでした」の一言も言えないんじゃないの?

「出直して来い!」

と言いたい、俺は。
どんな商売でも「顧客至上主義」は大切。「顧客目線で物を考えて欲しい」。
人気店であることに、おごる無かれ!

2011/01/20 徒歩徒歩亭@四ッ谷(雲呑麺(黒))

子供の頃、家の白黒テレビに映し出された「お岩さん」は怖かったw
大人になって、自分のテレビを持つようになってからも「四ッ谷怪談」は放送されたと思うけど、見たことは無い。
怖すぎるから。。。

ビビリながら四ッ谷に。

IMG_1491
徒歩徒歩亭(トボトボテイ)です。すぐ近くの「こうや」の関連店。娘さんのお店だそうです。

IMG_1493
こちらは、お粥が売りのお店のようですが、ラーメンもあります。

IMG_1500
看板には「こうや」の実験厨房である記述が。

IMG_1492
店の外にもメニューが。入る前におおよそ決めておける。

IMG_1494
シャッターで入ったので、他の客なし。一番奥の席に通されたので、店内写真を撮ってみました。
写真撮ってないけど、娘さん綺麗っすな(*´∀`) 好きになっちゃった。
途中でオヤジさんが入って来たときは、「すわっ、ホー○レスか!」、いや、「仙人か!」とおもたw

IMG_1495
「こうや」ならば、雲呑が食べたくなる。なんで、「雲呑麺」を注文。
「醤油と塩があります」と言うので「醤油」を頼んだら、「雲呑麺くろ!」ってオーダー通してました。

IMG_1497
スープは結構カエシが強いタイプ。醤油の味で飲ませます。ダシはあまり強くない。

IMG_1496
雲呑はレンゲからはみ出す大きさ。これは良いね~。雲呑麺にして正解だす。
これが3個入ってます。1個50円かな。値段分の価値を感じる3個。

IMG_1499
チャーシューは2枚。柔らかいです。これも美味しい。

IMG_1498
低加水の極細麺。タイプとしては好みなんだが、柔らかいな~。
そして、量が意外と多い。それ自体は大変嬉しいことなんだけど、後半はのびてしまって。。。
これだけは改善の余地ありだと思う。

まあ、残念な部分もあったけど、美味しいラーメンでした。

ごちそうさま!

おまけ。すぐ近くの「こうや」
IMG_1501


プロフィール

pakio

ラーメン大好きなオヤジ。
長いこと、ゆるゆると食べ歩いてます。
小食です。
ツイッタ-もやってます。
よろしければ、フォローミー。
あっ、バイクも好きです。

記事検索
最新コメント
ラーブロ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ